ニューイヤーカバディ選手権大会実施要綱

ニューイヤーカバディ選手権大会実施要領
(兼平成22年度女子日本代表候補選手選考会)
エキシビション:ファイブレイドマッチ


日時:2010年1月31日(日) 午前9時集合
会場:早稲田大学 所沢キャンパス スポーツホール


競技規則
①1チーム12名まで登録できる
②タイムアウトは前半2回、後半2回各30秒ずつ取ることができる
③選手交代は上記のタイムアウト時及びハーフタイム時の計5回できる
 ※選手交代は、登録選手でプレーコート内にいる選手と控え選手同士のみ可能
 ※既に交代した選手でも交代は可能
④手袋などの着用物を禁止する
⑤上記以外のルールについては、アジアアマチュアカバディ連盟規則に従う

備考
・代表者は試合開始10分前までにスコアシートを記載の上、本部まで提出すること
・試合開始5分前には、コートに集合し、点呼を受けること
・疾病および負傷の場合には各チームで対応すること
・各自、審判員として協力すること
・健康保険証を必ず持参すること

初の試み!チーム対抗ファイブレイドマッチを開催します。詳細は追って発表します。

申込
・個人エントリー、チームエントリーともに承ります。
 個人エントリーの場合は、当日にチーム分けとなりますので、ご了承ください。
・原則として、メールにてお願いします。(事務局3名のいずれかへ送付ください)

申込締切:2010年1月24日(日)厳守!!

事務局:女子選手会 都築、八重樫、大竹

以上

コメントの投稿

非公開コメント

ファイブレイドルール

引き分け無しの大会において、同点でゲーム終了となった場合、次のルールを適用する。

1.両チームともに7名のプレイヤーを選出し、コートに入る。
2.ボークライン上でプレーをする。
3.ボークラインに対してボーナスルールが適用される。
4.レイダーがボークラインを越えた場合、ボーナスポイントとして1点が与えられる。
5.レイダーがボークラインを越え、更にアンティにタッチをして生還すれば、ボーナスポイント1点に加えてタッチした人数分のポイントが与えられる。
6.アンティで失点しても、相手のポイントが加算されるだけで、アウトにはならない。
7.事前にコートに入る7名の中からレイダー5名を選び、名前、背番号、レイドに行く順番を審判へ申告する。
8.選手交代はできない。
9.それぞれのチームで、交互に5名をレイドに出す。
10.5名のレイダーの誰かが、自分の順番が回って来るよりも前にアンティで怪我をした場合、コート内にいるレイドに申告されていない2名のどちらかが、代わりにレイドに行くことができる。
11.試合の最初にレイドを選択したチームに、最初のレイド権がある。
12.5名のレイドを終えてもなお同点の場合は、ゴールデンレイドルールに従う。
13.ファイブレイド中に選手が失格、もしくは出場できない状態に陥った場合、そのチームは減った人数のままでプレーを続けなくてはならない。人数が減ってもボーナスルールは適用される。

※ゴールデンレイドルール
5名ずつのレイドを終えても、同点だった場合。
新たにトスをして勝ったチームが「ゴールデンレイド」の権利を得る。
ゴールデンレイドを行っても同点の場合、相手にゴールデンレイドの権利が移る。
ゴールデンレイドで得点したチームが、勝利チームとなる。
以上

大会スケジュール

9:00 集合、コート準備
9:15 代表者会議

以下、男女同時進行
10:00~10:50 第1試合 A 対 B ①
11:20~12:10 第2試合 C 対 D ②
12:30~13:20 第3試合 ①敗者 対 ②敗者
13:40~14:30 決勝
14:30~ エキシビション(ファイブレイド)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

女子選手会

Author:女子選手会
アジア大会でメダル獲得を目指します!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード